Tripletail::Filter::SEO - SEO出力フィルタ

TABLE OF CONTENTS


NAME

Tripletail::Filter::SEO - SEO出力フィルタ


SYNOPSIS

  $TL->setContentFilter('Tripletail::Filter::HTML');
  $TL->setContentFilter(['Tripletail::Filter::SEO', 1001]);
 
  $TL->print($TL->readTextFile('foo.html'));

DESCRIPTION

このフィルタはリンクの QUERY_STRING を次のように PATH_INFO に変換する。

  <a href="foo.cgi?Command=Foo&mode=1&SEO=1">
          ↓
  <a href="foo/Command/Foo/mode/1">

クエリの中にキーワードSEO=1を含んでいるもののみを対象とし、 リンク変換後にはSEO=1は消去する。

また、head要素内にbase要素を追加する。head要素が存在しない場合は body要素開始直前にhead要素が挿入されるが、body要素も存在しなければ 何も挿入されない。元々base要素が存在した場合はそのhref属性が置き換えられる。

  REQUEST_URI: http://foo.com/bar/baz.cgi
  挿入される要素: <base href="http://foo.com/bar/">

注意:

このフィルタは Tripletail::Filter::HTMLTripletail::Filter::MobileHTML よりも後に実行されるように設定しなければならない。

また、リンクを書き換えた場合、そのリクエストは Tripletail::InputFilter::SEO を使用しなければ正常に受け取れない。

出力は Shift_JIS,EUC-JP,UTF-8 のいずれかでなければならない。 JIS コードの場合は正常に動作しない。

METHODS

setOrder
  $TL->getContentFilter(1001)->setOrder(qw(ID Name));

SEO変換時に、出力するキーの順序を指定します。 指定されていないキーは、setOrder で指定されたキーの後に文字列順にソートされて出力されます。

toLink
  $TL->getContentFilter(1001)->toLink($TL->newForm(KEY => 'VALUE'));

フォームオブジェクトを、SEO変換と同様の形でリンクに変換します。

flush

Tripletail::Filter参照

print

Tripletail::Filter参照

reset

Tripletail::Filter参照

フィルタパラメータ

hide_extension
  $TL->setContentFilter(['Tripletail::Filter::SEO', 1001], hide_extension => 0);

リンク変換の際、拡張子を削除するかどうか。省略可能。デフォルトは1。


SEE ALSO

Tripletail
Tripletail::Filter
Tripletail::Filter::HTML
Tripletail::Filter::MobileHTML

AUTHOR INFORMATION

Tripletail::Filter::SEO - SEO出力フィルタ

INDEX

Tripletail::Filter::SEO - SEO出力フィルタ