Tripletail::InputFilter::HTML - 通常 HTML 向け CGI クエリ読み取り

TABLE OF CONTENTS


NAME

Tripletail::InputFilter::HTML - 通常 HTML 向け CGI クエリ読み取り


SYNOPSIS

  $TL->setInputFilter('Tripletail::InputFilter::HTML');
  
  $TL->startCgi(
      -main => \&main,
  );
  
  sub main {
      if ($CGI->get('mode') eq 'Foo') {
          ...
      }
  }

DESCRIPTION

以下の場所からクエリを読み取る。

$ENV{QUERY_STRING}

application/x-www-form-urlencoded を読み取る。

STDIN

application/x-www-form-urlencoded または multipart/form-data を読み取る。 multipartでファイルがアップロードされた場合は、そのファイル名と IO ハンドルが Form に格納される。 詳しくは Tripletail の Ini パラメータを参照。

また、 Tripletail::Session が有効になっている場合は、セッションデータを クッキー から読み出す。

クエリの文字コードはINIのcharsetが指定されていればそれが使用される。 指定されていない場合は自動判別され、文字コード変換には Encode が優先される。 Encode が利用可能でない場合はUnicode::Japaneseが用いられる。

文字コードの自動判別は、フォームの中の CCC キーに含まれる「愛」という文字列によって行われる。 通常、 TL から出力された HTML には、自動的にこの情報が追加されるが、 外部の静的な HTML や FLASH コンテンツ等からフォームデータを渡す場合は、 追加する必要がある。

例えば、 UTF-8 コードで、name キーに「名前」の文字列を渡す場合は、 CCC=%e6%84%9b&name=%E5%90%8D%E5%89%8D をフォームデータとして渡す。

METHODS

decodeCgi

内部メソッド

decodeURL

内部メソッド


SEE ALSO

Tripletail
Tripletail::InputFilter
Tripletail::InputFilter::MobileHTML

AUTHOR INFORMATION

Tripletail::InputFilter::HTML - 通常 HTML 向け CGI クエリ読み取り

INDEX

Tripletail::InputFilter::HTML - 通常 HTML 向け CGI クエリ読み取り